マンガマン

無料マンガ面白い漫画・アニメを紹介するぜ!

このブログで紹介する無料試し読み漫画・無料購入漫画は期間限定です。無料期間が過ぎているものもございますので公式ホームページをご確認ください。

裁判漫画「リーガルエッグ」法律家の卵・司法修習生の物語

リーガルエッグ

 

ストーリー

「法律って何のためにあるんだろう」弁護士、裁判官、検察官――。「法曹三者」になるためには司法試験合格後、1年間の修習を経なければならない。筒松誠は司法のプロになるため、日々の修習に励んでいる。最初の修習は検察修習。司法のタマゴが相手をするのは本物の犯罪者! 果たして筒松は修習を経て「法律」への答えを見つけられるのか――! 司法試験合格者、『賭ケグルイ』の河本ほむらが送る熱きリーガル・ドラマここに開廷!

 

法律の漫画でありビジネス漫画でもある

「リーガルエッグ」はイブニング連載の漫画。 

司法試験合格の原作者がおくる司法修習生を題材にした漫画です!

体験者の原作ということもあり華々しいサスペンス物というよりも、現実的な背景を感じながら楽しめる漫画だ。

 

日本最難関の国家試験のひとつ司法試験に合格することで法曹「裁判官」「検察官」「弁護士」になることができる。そして法曹資格を得るためには1年間の修習を経る必要があり、その修習を受けるものを司法修習生と呼ぶ。

修習生の月給は13万5千円、一人暮らしをしている身にはなかなか厳しい生活になりそうだ。そんな話もこの漫画では知ることができて面白い。

また検察修習において実際の事件を担当し不起訴か起訴かすべてを行う。当たり前とはいえいきなり本番を扱うプレッシャーは、他の仕事と比べてもハンパない凄い仕事だなと思ってしまう一方、今後の展開が楽しみだ。

 

法律を司る人たちにも新社会人の時代があり希望や夢を持って仕事や研修に向かう、専門職はどれも知識や経験など一般的な仕事よりも幅広く難しく厳しい職場ではないかと思う。

 

今時の主人公「筒松誠」を見ていると仕事を頑張ろうと気持ちが前向きになるような気がする。

新社会人や今後の進路を考える人にとっても刺激を受けるビジネス漫画の要素もありそうだ。新社会人の人達にもおすすめの漫画だ!