マンガマン

無料マンガ面白い漫画・アニメの紹介・レビューブログ

このブログで紹介する無料試し読み漫画・無料購入漫画は期間限定です。無料期間が過ぎているものもございますので公式ホームページをご確認ください。

漫画ダンス・ダンス・ダンスール を読んで「男らしさって何だ?」を考えた

ダンス・ダンス・ダンスール/ジョージ朝倉

「男らしいって何っ…⁉俺バレエやるよっ…」

 

f:id:cyobis:20200318181624j:plain

 

ダンス・ダンス・ダンスールの漫画超人強度は360万パワーだ!

ザ・ニンジャと同じだな

漫画超人強度はマンガマンが読んで面白かった等を勝手に数字で表したものよ!ザ・ニンジャは好きな超人ベスト5に入るわ♡

おすすめポイント

主人公の高校生潤平は幼少時代に姉のななこがでる洋舞祭で、特別プログラムのゲストダンサーの踊りを観て心を奪われる。漫画の舞台・テーマはダンスだ!潤平は男がダンスなんてとバカにされ「男らしく」という言葉に、自分の好きという気持ちに蓋をしジークンドーを習い男らしく生きてきた。こういうの読むと中高生の男なら大抵バカにするかもしれないと思う、バカにしなくても変わっているなとかネガティブな反応をしてしまうんじゃないか。大人になると見聞が広がり逆に「スゴイね」と言うようになり、ある意味感心してしまうんじゃないかな。そういった偏見もこの漫画を通して学べるような気がする。何よりも小さい時に思った気持ちを大人になっても持ち続けていることが羨ましいし、好きなものがあることが素晴らしいと思う。ただ、主人公は持って生まれた才能(体の柔軟さ等…)があるので特別なんだなと感じてしまう部分もある。

 

「男らしい=カッコイイ」なのか?

「男らしさとは何か」と「偏見とは」を考えながらも、同級生都とのふわふわした青春とダンスを楽しく読んでしまう!

f:id:cyobis:20200318181624j:plain
ジョージ朝倉
主人公・村尾潤平は中学二年生。幼い頃にバレエに魅了されるも、父の死をきっかけに「男らしくならねば」とその道を諦める。バレエへの未練を隠しながら格闘技・ジークンドーを習い、クラスの人気者となった潤平だが、彼の前に、ある日転校生の美少女・五代都が現れる。